シードルについて

2019年12月9日 マルカメ醸造所 稼働開始


2020年6月6日 ファーストヴィンテージ「MARUKAME CIDER」リリース

マルカメ醸造所のシードル「MARUKAME CIDER」

最高の条件のもとで育てたりんごを使用し、りんご本来の爽やかさ、瑞々しい香りを最大限に引き出したシードルを作ります。原料には自社栽培のものを主体に、すべて松川町産のりんごを使用。酸味や香りに特徴のある品種を数種類ブレンドし、香り高い中にスッキリとした酸味のある味わいのシードルとなります。


ゆっくり圧力をかけて搾汁し、粗目の濾過をかけること、またりんご果汁が空気に触れる時間を極力減らして酸化を抑えることにより、手塩にかけて育てたりんごそれぞれの個性を生かした味へと仕上げていきます。

手間はかかりますが、1次発酵完了後さらに瓶内で発酵させ、酵母が出す炭酸ガスをシードル内に溶け込ませる工程(瓶内2次発酵)を採ることによって、きめ細やかで口当たりの柔らかい泡立ちをお楽しみいただけます。

まだまだ始まったばかりのマルカメ醸造所、MARUKAME CIDER。
シードル用品種の試験栽培を始めたりと、僕ら自身がこれからの展開をとても楽しみにしています。
りんご農家が丁寧に丁寧に仕込んだシードルを、ぜひお手に取ってみてください!

2020年12月 

「MARUKAMEWINE 甘口スパークリング」発売!

シードル醸造をメインとする「マルカメ醸造所」が、シードルと同じ製法(瓶内2次発酵)で仕込んだ甘口スパークリングワインです。

原料には自社栽培のブドウ「コンコード」「ブラッククイーン」を100%使用。

収穫したブドウ一房一房、一粒一粒を人の手で徹底的に選別し、状態の良い実だけで仕込みました。

注いだ瞬間にコンコードの濃厚で甘い香りが立ち上がり、まるで生の果実をかじったかのような味わい。ブラッククイーンの酸味がアクセントになった、爽やかな甘口のロゼワインです。瓶内2次発酵特有の柔らかな口当たりの泡をお楽しみいただけます。

「ワイナリーが仕込むシードル」は多々あるものの、「シードル醸造所が仕込むワイン」は珍しいかもしれません。少量のみの生産ですが、マルカメ醸造所のこだわりを詰め込んだ自信作です。